ヘッドホン祭2017Springに出展いたします。

皆さんおまたせいたしました。

 

ラズパイオーディオの会は4月29日,30日に開催されるフジヤエービックさん主催のイベント「ヘッドホン祭2017Spring」に出展いたします。

ラズパイオーディオの会は13階のエレベーターホールを出てすぐ右側にブースがございます。(DigiFiブース)

画像では⑧のブースになります。

 

展示内容ですが、今回はヘッドホン祭ですので、濃いものはあまり置かない方針にしております。

・Runeタッチパネル+OlasonicUSBスピーカー
・Pi3+PiDAC+
・Pi3+DigiFiUSB DD/DA
・Pizero+ZeroDAC+DigiFi22号ヘッドホンアンプ
・Pi3+Sabreberry32

そして、某所で噂に上がっていたTakazineさんの新作DAC「Sabreberry DAC Zero」も展示いたします。

こちらはES9023をベースとしたDACで、ZeroサイズのHAT(pHAT)で設計されており、PiZeroジャストサイズになっております。さらに上部のスイッチでMPDをコントロールすることができ大変おもしろいDACになっておりますので是非お越しくださいませ。

詳しくはTakazineさんのブログを御覧ください。

 

さらにDigiFi+ラズパイオーディオの会ブースには「IoT女子」の皆さんも参加していただくことになりました。

IoT女子とは、モノのインターネット(IoT)について勉強している三人組!!

ゼンハイザーのイベントで大橋彩香さんが登場するのであれば・・・と考えた末助っ人をお呼びする運びになりました(??)

IoT女子の方々は基本DigiFi+ラズパイオーディオの会ブースにいますが、(仕事を忘れて???)イベント会場をブラブラしているかもしれませんので良かったら声をかけていただけたら幸いです。

それでは29日、30日のヘッドホン祭、ラズパイオーディオの会ブースをよろしくお願いします。

DigiPi26号にRaspberry Pi用のDACが付属します

モノラルサウンドさんの雑誌「DigiPi」のいつか発売される最新号にてRaspberry Pi用のDACが付録として付属することが決定いたしました。

DigiPi 26号 「インターネットのかばんちゃん」号

・付録はRaspberry Pi用DAC!! 384Khz/32Bit対応!!

 

以下付録のDACについて紹介したいと思います。

 

DACチップにはPCM5122を採用

予算の都合上ES9018やAK4490は使えません。本当は使いたいんですが。

 

水晶発振器には信頼のNDK製を2機搭載

Raspberry Piの弱点であるクロック。弱点を補うためNDK製水晶発振器を44.1Khz系と48Khz系個別に搭載。

 

OSコン、READY??

電源はRaspberry PiのGPIOピンより供給されますが、より高品質な電源にするためにOSコンを採用しております。また、Oresonicの技術であるSCDSを採用しており、どんなヘッドホンであれ鳴らすことが可能。

OSコンであれば良いというわけでなく、ECHU、WIMAコンデンサなど随所に配置

 

日本初のオーディオメーカーDACだ!!

Oresonic社

設計、開発はオーディオメーカーであるOresonic社が行いました。日本で最も早く、そして手軽にいい音を聴いてほしいという思いで開発

 

 

とすばらしい構成になっております。

DigiPi最新号はいつか発売!!

 

 

するといいなぁ・・・

 

 

*この記事はエイプリルフールネタです

 

——ここから宣伝——

 

4月29日、30日に開催されるフジヤエービックさん主宰の春のヘッドホン祭にステレオサウンドブースにラズパイオーディオを展示することになりました!よろしくお願いします!