ラズパイオーディオ一気聴きを行いました。

6月7日、ステレオサウンドさんの試聴室をお借りすることができましたので、ラズパイオーディオ一気聴きを行いました。

システム

・アンプ DENON PMA-SX

・スピーカー MONITOR AUDIO Platinum PL300

・DAC PS Audio NuwaveDSD

用意したRaspberry Piは以下の機種

<各製品にリンクしております>

ラトックシステム RAL-NWT01,RAL-KCM3MB1

ラトックシステムのRAL-NWT01,RAL-KCM3MB1は6月上旬発売のラズパイオーディオ向けラズベリーパイです。通常のRaspberry Piとは異なりComputeModule3を用いたラズベリーパイとなります。PCで言うマザーボードみたいなものと考えてもらえると幸いです。

この2つは本当にUSB接続?と思うほどしっかりした音を出していました。

通常のRaspberry Piよりも音数も多く好印象でした。

しかし、やはりというか、ケース入りのRAL-NWT01の方が1皮剥かれた音を出していました。

 

ブライトーン Terraberry2, Takazine Sabreberry32

ブライトーンのTerraberry2は、AK4490を用いた高音質DACです。
発売前の予約もたくさん入ってるそうで大人気DACのようです。

TakazineのSabreberry32は、ES9018Q2Cを用いた高音質DACです。

頒布時は即売り切れと高音質DACの先駆けの存在です。なお、出力端子、抵抗コンデンサははんだ付けが必要です。

 

この2つはDACがライバルのような存在か?似たような音を出していました。しかし、Terraberry2が繊細な音、輪郭が丸い音を出していました。Sabreberry32はESっぽいカッチリした音でした。音数は若干Terraberry2の方がいいかな?と言った感じでした。

 

IQAudiO PI-DAC+

IQAudiO PI-DAC+はイギリスに本社を置くRaspberry Pi用のDAC専門店です。2015年ごろから販売しており老舗の中の1つです。

これが意外や意外、Terraberry2やSabreberry32ほど音数は多くないのですが、十分聴ける。どちらかと言うとSabreberry32寄りの音、カチッとした音です。

この音で5000円のDACなら十分の音が出ています。正直驚きました。すごいです。

これがI2Sの威力なのか、それともケースに入っているからなのかは不明ですが、これは非常におすすめできるDACの1つです。

 

座布団制作ラズパイ

自分で制作したので一番!?音が良く聴こえてしまう。

しかし、お金と時間をかけた割には、こんな音なのかなぁと言った感じ。しっかりカッチリ、音数も多いのですが、スピードが遅い。クラシックを聴くならいいのですが・・・。

 

おわりに

ラズパイオーディオ各種を簡単にまとめてみました。ラズパイオーディオはDACによって音がガラッと変わるので面白いです。

今後このような試聴会を開催する(かも?)しれません。ステレオサウンドさん曰く要望が多ければ行うかもしれないとのことでしたので、ステレオサウンドさんのTwitterにどんどんリプライを送りましょう。

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL