ラズパイオーディオとは(超簡素入門ページ)

ラズパイとはカードサイズのコンピュータです。

コンピュータなのでWindowsやMacのようにOSが必要です。さらに音楽再生ソフトウェアが必要です。

ラズパイの場合はOSにRaspbian、音楽再生ソフトウェアにMPDというものがあります。

個別にインストールするのは面倒だったり、設定が難しい場合があります。

そこで統一されたOSにVolumioやMoodeAudioというものがあります。

PCからMicroSDカードにVolumioやMoodeAudioを書き込みRaspberryPiにmicroSDカードを差し込むだけでかんたんにオーディオ再生環境が整うというわけです。

さらにラズパイオーディオのキモはWindowsやMacよりも音が良い事です。

LinuxというベースのOSが非常にレイテンシが低く、音楽を高音質に聴くには最適なのです。

出力先はUSBポートまたは上部にある40ピン(GPIO)から出力します。

USBの場合はUSB-DAC、40ピンの場合は各社から発売しているDACカードやDDカード、AMPカードに出力が可能です。

 

使用方法はプレーヤーですので、PCがラズパイに置き換わるイメージになります。

 

価格も手頃、かつPCよりも音がいいラズパイオーディオを始めてみませんか?

 

(9/17初期)

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL