DigiPi26号にRaspberry Pi用のDACが付属します

モノラルサウンドさんの雑誌「DigiPi」のいつか発売される最新号にてRaspberry Pi用のDACが付録として付属することが決定いたしました。

DigiPi 26号 「インターネットのかばんちゃん」号

・付録はRaspberry Pi用DAC!! 384Khz/32Bit対応!!

 

以下付録のDACについて紹介したいと思います。

 

DACチップにはPCM5122を採用

予算の都合上ES9018やAK4490は使えません。本当は使いたいんですが。

 

水晶発振器には信頼のNDK製を2機搭載

Raspberry Piの弱点であるクロック。弱点を補うためNDK製水晶発振器を44.1Khz系と48Khz系個別に搭載。

 

OSコン、READY??

電源はRaspberry PiのGPIOピンより供給されますが、より高品質な電源にするためにOSコンを採用しております。また、Oresonicの技術であるSCDSを採用しており、どんなヘッドホンであれ鳴らすことが可能。

OSコンであれば良いというわけでなく、ECHU、WIMAコンデンサなど随所に配置

 

日本初のオーディオメーカーDACだ!!

Oresonic社

設計、開発はオーディオメーカーであるOresonic社が行いました。日本で最も早く、そして手軽にいい音を聴いてほしいという思いで開発

 

 

とすばらしい構成になっております。

DigiPi最新号はいつか発売!!

 

 

するといいなぁ・・・

 

 

*この記事はエイプリルフールネタです

 

——ここから宣伝——

 

4月29日、30日に開催されるフジヤエービックさん主宰の春のヘッドホン祭にステレオサウンドブースにラズパイオーディオを展示することになりました!よろしくお願いします!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL